2017-08

    旅に出かけて 世界遺産中尊寺編Ⅱ

    松尾芭蕉は、なぜ、平泉まで足を、運んだんだろう?
    実は、彼は隠れ義経ファンだったからです!

    表参道口をスタートして、正規のルートと違う
    (Me達が歩いてきた、中尊寺の従業員が車通勤する一般道)
    道を登ってくると、真っ先に正面でお出迎えしてくれるのが
    あみ
    阿弥陀堂
    (この手前の右でチケット手に入れなくてはならないが)
    800で世界遺産が見れるのだから安いではないかいな 

    でたぁ

    金色堂新覆堂
    しん sinn.jpg

    金色堂は、あの新覆堂の中に収まっているのだわ
    (中は撮影禁止なんです、だからパンフレットから)
    こんじき
    こちらは、旧覆堂
    ふるっ
    旧覆堂の中の天井
    naka.jpg

    旧覆堂は、秀衡の霊が、北条政子の枕辺に立って金色堂の荒廃を憂い、政子が直ちに下知(下のものに指示すること)して造らせたと、伝えられています …だそうです

    北条政子ー鎌倉幕府を開いた源頼朝の正室。北条時政の長女。頼朝が鎌倉に武家政権を樹立すると御台所(みだいどころ)と呼ばれた。夫の死後、尼御台(あまみだい)と呼ばれ、後に幕政の実権を握り、尼将軍と呼ばれた…だそうです

    新・旧・覆堂の間に経蔵があります
    経2 経3
    金色堂の西北に建つ経蔵、建武4年(1337年)の火災で2階部分が焼け、1階部分を修復したそうです。右の写真は世界遺産になる前に、来たとき撮りました

    お墓ではア・リ・マ・セ・ン
    「五月雨の 降り残してや 光堂」芭蕉の句碑です
    ばしょう

    ふゆ  なつ
    元禄二年(1689年)6月29日芭蕉は曽良と、この平泉の地に来ています
    真っ先に高館(義経が自害をしたとされる現在義経堂がある場所)に登り、その足で中尊寺に来て僧に頼み金色堂の中に収められている藤原三代の御遺体に手を合わせたことでしょう(毛越寺は見た記述はないそうです)

    夏芭蕉 冬芭蕉
    冬、雪の芭蕉像は寒そうな 感~じ!

    実は、4回程来ています、冬来たのは初めてです
    実は、Meも隠れ義経ファンだったからです

    出来ることなら、岩手の海岸沿い(東日本大震災の影響で無理なのですが)
    青森、北海道と義経伝説がある地を巡りたいのだが 
    …暇はあっても  が無い  …ナハッ!ときたもんだァ  

    まだまだあるある大レースひしめきあっていななくわ
    走れ~走れ~ダサイ・クロン本命穴馬かき分けて~
             FC2Blog Ranking

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://w88yz999xo.blog.fc2.com/tb.php/138-e3d4dc89
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    «  | ホーム |  »

    プロフィール

    .

      .

    カレンダー

    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    シャキシャキボタン push !?

    FC2Blog Ranking

    順番に古くなる記事

    カテゴリ

    ラーメン (173)
    福島 (3)
    郡山 (39)
    白河 (67)
    須賀川 (16)
    矢吹 (9)
    喜多方 (8)
    いわき (3)
    石川 (1)
    平田 (1)
    那須塩原 (11)
    宇都宮 (3)
    一関 (1)
    洋食 (57)
    ハンバーグ (32)
    中華 (24)
    炒飯 (5)
    食べ物(丼) (23)
    食べ物(いろいろ) (25)
    寿司 (12)
    うどん (8)
    甘い食べ物 (13)
    ロンリーキッチン (25)
    浪江焼きそば (1)
    競馬 (39)
    映画 (20)
    歴史 (8)
    旅 (55)
    芸術 (5)
    どうでもいいこと (298)
    いろいろ (10)

    ⇐シャキシャキボタン push !?

    ダークなシャキシャキ