2017-06

    夏の日の思い出

    群馬の館林にいた頃
    アパートはレオパレスのワンルームだった
    俺が住むようになって下の部屋で同棲してたカップルが引越しをした
    数ヶ月後、下の右隣が引越しをした
    気が付くと左隣も空部屋となっていた
    10ヶ月近く過ぎ、
    俺はそれまで乗っていたブラックのステップワゴンから
    ピンクのライフにした
    数日たったある日、朝方の3時半頃
    俺の部屋のドアを物凄い勢いで叩くヤツがいた
    俺は飛び起きてすぐドアを開けた
    右隣の住人だった

    ヤツ「うるせぇんだよ!てめえのいびきがよ
    何ヶ月我慢してっとおもってんだ!

    俺「ああ、すみません自分無呼吸症候群なもんで

    ヤツ「病院にいけよ!俺なんかオメ~のおかげで病院に行って
    睡眠薬だしてもらってんだぞ!オメ~も病院いけよ!
    オメ~が引っ越してきてから何人このアパートから出てった!んー!

    俺「すいませんこんど病院いきますんで

    ヤツ「本当に行けよ!今回は勘弁してやっから!ん!

    俺「はいわかりました

    俺は思った、ブラックのステップワゴンに乗ってた時は
    ビビッてな~~んも言わなかったくせして
    ピンクのライフにしたら見下した様に言ってきやがって
    最低な男

    俺なんか若い時ベンツと黒で塗りつぶしたY30は絶対アオンなかった
    …って言うか…そんなアオルなんて…お下品な

    …たまたま白いカローラ30窓はスケスケのクリアー
    …そいつにはアオった様にみえたらしい
    カローラがハザードをつけて路肩に止まったんで
    俺も車から出てパンチパーマの頭に手グシを入れながらヤツに近づいた

    ヤツもパンチだった、
    ヤツが俺と違う所は俺は若いがヤツはオッサンだつた
    そしてサンダルじゃなくてセッタ、ジーパンとアロハじゃなくて
    真っ黒い鯉口シャツ、真っ黒いステテコ
    俺と完全に違う所はシャツからでてる腕だった
    マイアームはノーマル品だったが
    ヤツのアームは特注品みたく
    いたるところに青紫色で落書きがしてあった

    オッサンが俺に一言いった
    「若いの、命粗末にすんなよ!」
    オッサンはその一言で立ち去った
    今の俺が生きていられるのはそのオッサンのお蔭だと思う
    ありがとうオッサン!



    館林のヤツに感謝されてもいいはずなんだが…
    俺たまに自分のイビキで目覚ます時あんだよねホント自分にムカつく!

             FC2Blog Ranking

    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック

    http://w88yz999xo.blog.fc2.com/tb.php/7-3634748e
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    «  | ホーム |  »

    プロフィール

    .

      .

    カレンダー

    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    シャキシャキボタン push !?

    FC2Blog Ranking

    順番に古くなる記事

    カテゴリ

    ラーメン (173)
    福島 (3)
    郡山 (39)
    白河 (67)
    須賀川 (16)
    矢吹 (9)
    喜多方 (8)
    いわき (3)
    石川 (1)
    平田 (1)
    那須塩原 (11)
    宇都宮 (3)
    一関 (1)
    洋食 (57)
    ハンバーグ (32)
    中華 (24)
    炒飯 (5)
    食べ物(丼) (22)
    食べ物(いろいろ) (24)
    寿司 (12)
    うどん (8)
    甘い食べ物 (13)
    ロンリーキッチン (25)
    浪江焼きそば (1)
    競馬 (39)
    映画 (20)
    歴史 (8)
    旅 (55)
    芸術 (5)
    どうでもいいこと (298)
    いろいろ (10)

    ⇐シャキシャキボタン push !?

    ダークなシャキシャキ